頑固な足の臭いをリセット!重曹の足湯でスッキリ素足美人

頑固な足の臭いをリセット!重曹の足湯でスッキリ素足美人

Category足のニオイ Tags , , ,

ちゃんと足の臭い対策はしているのに洗っても足が臭いという方は、もしかすると頑固なニオイが足に染みついているのかもしれません。

そんな時は、重曹を活用して足の臭いをリセットしましょう。

今回は、ゆったりくつろぎながら、足の臭いもケアできる「重曹足湯」の効果や作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

なぜ重曹が足の臭いに効くの?

足の臭いをつくりだす「イソ吉草酸」

足から漂ってくるあの独特な臭いは、足にたまった「汗・皮脂・古い角質」などの垢を細菌が分解することで、ある物質をつくり出していることが原因です。

それが「イソ吉草酸(いそきっそうさん)」という物質です。

イソ吉草酸は、納豆のニオイ成分にも含まれている物質で、強烈な足の臭いをつくりだす「直接的な原因」となっています。

イソ吉草酸を中和する「重曹」

そんなイソ吉草酸は「酸性」の物質です。一方、重曹は「アルカリ性」の物質であるため、酸性の嫌な臭いを中和する作用があり、足の臭いをスッキリ消してくれます。

さらに、足の余分な角質を柔らかくして剥がれやすくしてくれるので、足の角質ケアにも役立ちます。

重曹足湯の作り方

重曹の足湯の作り方はとてもシンプル。洗面器や浅いバケツに38~40℃のお湯をはり、あとは重曹をとかし込むだけです。お好みで精油(アロマオイル)を入れてもOK。

お湯の量は、足首が軽く浸かるくらいにすると、足裏の角質だけでなく、くるぶしの角質ケアにも効果的です。

重曹の分量は、最初は【小さじ1~2杯】程度から始めて、日々のお肌の調子や消臭の効果を見比べながら、【大さじ2~3杯】程度までに抑えましょう。

足湯に10~15分ほど足をつけたら、最後はかるく洗い流してください。足湯を終えたあとは、皮膚や爪も柔らかくなるので、爪のお手入れや角質ケアにも最適です。

重曹の足湯の場合は、重曹風呂とは違って「毎日」続けてもかまいません。ただ、お肌が敏感な方は、頻度や濃度に気をつけながら行なってください。

重曹の足湯を「炭酸」に!

重曹足湯を毎日楽しむポイントとして、たまに「炭酸足湯」を試してみて下さい。

炭酸の気泡は、角質を柔らかくしたり、皮膚上の汚れ(垢や皮脂)などを浮かして、洗い落としやすくしてくれます。また、血行を良くする効果もあるため、冷え性の改善やお肌の美容効果も期待できます。

炭酸足湯の作り方

作り方は、重曹の足湯に「クエン酸」を混ぜるだけ。重曹とクエン酸が混ざると二酸化炭素(炭酸ガス)が発生するため、自家製の炭酸湯を手軽に作ることができます。クエン酸の量は、重曹に対して、2分の1程度が適量です。

※ 例:重曹 大さじ2杯の場合は、クエン酸 大さじ1杯

手軽に炭酸足湯を楽しみたい方は…

重曹やクエン酸がお家にない、わざわざ分量を測るのが面倒という方は、市販されている「入浴剤」を利用するのもオススメです。一部の入浴剤には、重曹(炭酸水素ナトリウム)とクエン酸が一緒に含まれているものが売られており、お湯に溶かすだけで手軽に炭酸足湯を楽しむことができます。

重曹足湯が効かない人は?

基本的に、足の臭いの原因は「イソ吉草酸」によるものです。しかし、重曹足湯を続けているにも関わらず、足の臭いが消えないという人は、アンモニア臭などのアルカリ性の臭いが原因になっていることも。

普段あまり汗をかかない人や内臓が衰えている人、無理なダイエットを続けている人などは、汗がアンモニア臭くなることがあります。

そんな時は、ミョウバン水

ミョウバン水は「酸性」の物質なので、アンモニア臭などのアルカリ性の臭いを中和する作用があり、さらには金属成分による酸化還元反応が加わることで高い消臭効果を発揮します。また、お肌を引き締める作用により制汗を促し、細菌が繁殖する原因となる足汗を軽減できます。

ミョウバン水についての詳細は、「ミョウバン水の効果的な使い方!わきがや頭皮の消臭&汗対策」をご覧ください。

重曹と足の臭い まとめ

重曹の足湯は、今までの生活で染み付いてしまった足の臭いもスッキリ落としてくれるはずです。

普段からしっかり足も洗って、足爪のお手入れ角質のケア・汗対策なども丁寧にしているはずなのに、なかなか足の臭いが取れないという方は、一度「重曹の足湯」を試してみてはいかがでしょうか。

口臭・体臭リセットサプリ『臭ピタ』

様々な植物から抽出したリフレッシュ成分が、口臭・体臭・加齢臭などの嫌なニオイをリセット。カラダの中からニオイを消臭したい時にオススメです。

facebook twitter google hatena

PAGE TOP